《お役立ち情報》悪質な広告には賃貸契約をさせるための策略がある

"実際に不動産会社を訪問する前には、必ず広告で掲載されている賃貸物件に空きがあるかどうかを電話で聞くようにしましょう。
とにかく大切なのはおとり広告に騙されることなく、足を使って物件探しをすることが重要なのです。

 

不動産会社としましては、当たり前のことですが、お客様が店頭に訪問をしてもらわないと、ビジネスとして成り立ちません。
店頭に来てもらえないと不動産会社は意味が無く、インターネットのアクセス数だけでは収益に繋がらないのです。

 

すでに入居者が決定している賃貸物件を「おとり広告」として雑誌に載せ、客を呼び込んでいることがあります。
「すでにその物件は契約されました」などとおとり広告に対して返答されることがあるのです。"



《お役立ち情報》悪質な広告には賃貸契約をさせるための策略があるブログ:2017-07-28

減量というと、
「ご飯制限による空腹との戦い」なんてイメージを
持っている人が多いかもしれませんが、
これって大きな勘違いなんですよね。

ご飯の極端なカロリー制限や絶食は、
ようやく食べ物が身体に入ったという反動から、
失われたエネルギーを溜め込むので、
身体の中に蓄積しやすくなり、太りやすくなってしまうんですよ!

減量を成功させるためには、
身体に重要な栄養素を欠かさないように、
ご飯メニューを変えることが必要になってきます。

絶食を行うことは、
減量を成功させるために、
好ましいことではないんです。

絶食をすれば、一時的に体重が落ちるかもしれませんが、
その先にはリバウンドが待ち受けています。

減量で欠かすことができないのは、
ビタミンやミネラルを含んだ野菜類・くだもの。
筋肉や肌、髪、爪を作るために不可欠なたんぱく質。
身体の脂肪を燃焼する為に重要な脂質、
身体を冷やさずにキープさせる為の炭水化物です。

つまり、すべての栄養素をバランスよく摂らなければ、
健康的にボディサイズを下げることはできません。

また肌や髪、爪が弱ってしまっては、
減量は失敗と言わざるを得ません。

減量のためとはいえ、
栄養バランスの悪いご飯では、
ボディサイズや体重は減っても、
身体に支障が起こる可能性が高いのです。

特に、
10代のうちは医師の指示がない限り、減量は禁物です。

そのときは良いかもしれませんが、
20代で骨が脆くなってしまうというデータがあります。

成長期に理想的な身体が欲しいのであれば、
必要なのはご飯制限ではなく、トレーニングなのです。