《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもある

《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもある


《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもある
"梅雨時期〜8月までというのは、不動産会社にとりましては閑散期であり、部屋を探す人が激減します。
「とにかく空室は避けたい」という大家さんの意向もあってか、家賃の値下げ交渉などに積極的な大家さんも出てきます。

不動産業界におきましても、繁忙期と閑散期というものが大きく分かれています。
繁盛期というのは新社会人や新入生の多い3〜4月であり、多くの不動産屋では賑わいを見せています。

冬から春にかけましては部屋を探す人や部件数ともに最も多い時期となっているので、 良い物件も確かに多くなっていますが、すぐに契約をされてしまうことがあります。
借り手はいくらでもいることから、家賃や礼金などの値下げ交渉の場に付いてくれないケースがほとんどです。"




《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもあるブログ:2017-07-31

人は赤ちゃんを産むと両親馬鹿になる。
両親馬鹿は両親としての正常な反応なのである。

例えば、
赤ちゃんは長らく羊水に浸かっていたために
半漁人状態で産まれてくる…

それなのに全ての母親たちは
赤ちゃんを見て「可愛い!」と思ってしまう。

母親であるなら
我がお子さんがどんな肉体で産まれてこようとも、
可愛いと思ってしまう…
それは母親として当たり前の反応なのである。

これが夫になると
両親馬鹿に余計に拍車がかかる。

ムスメが歌を歌っただけで
「この子は将来、歌手になるのではないか?」とか、
男の子がボールを蹴ったくらいで
「この子はサッカーの素質がある」と言ったりする。

夫は自分で妊娠や出産をしていないために、
妻が思っている以上に両親馬鹿な態度を取ってくる。

育児をすれば、
妻も夫も両親馬鹿になるものだ。
それでいいのである。

お子さんにとっては
両親が両親馬鹿になってくれるからこそ、
お子さんは脳の限界を取り払い、
脳のシナプスを増やしていけるのである。

例えばお子さんが一人立ちしたら
夫婦揃って大喜びをするものだ。
だからお子さんは脳のシナプスを増やして行くことができる。

もしもパパも母親も
「お子さんが一人立ちするのは当たり前じゃん」と白けていたら、
お子さんは脳のシナプスを増やして行くことができなくなる。

両親が両親馬鹿になってしまうのは、
お子さんが非常に可愛い顔をしているからである。

実はお子さんが非常に可愛い時期と、
両親が両親馬鹿になっている時期は、
脳のシナプスが増えて行く時期とピタリと一致している。

お子さんが非常に可愛いからこそ
両親の理性のタガが緩んでしまい、
両親はお子さんをとことん可愛いがることによって、
お子さんは脳のシナプスを増やしていくことができるのだ。

《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもある

《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもある

★メニュー

《お役立ち情報》不動産屋は管理物件を多数抱えている店舗へ
《お役立ち情報》悪質な広告には賃貸契約をさせるための策略がある
《お役立ち情報》家賃の半年分程度は初期費用として用意
《お役立ち情報》出せる家賃の設定が最も大切
《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもある
《お役立ち情報》敷金の使われ方と礼金に注意しよう
《お役立ち情報》競合しているからこそ不動産屋は狙い目
《お役立ち情報》賃貸探しは引越しの2週間前
《お役立ち情報》賃貸情報誌は偏った情報が掲載されている
《お役立ち情報》インターネットがやっぱり賃貸探しで役立つ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)快適生活を賃貸物件から始めましょう