《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもある

《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもある


《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもある
"梅雨時期〜8月までというのは、不動産会社にとりましては閑散期であり、部屋を探す人が激減します。
「とにかく空室は避けたい」という大家さんの意向もあってか、家賃の値下げ交渉などに積極的な大家さんも出てきます。

不動産業界におきましても、繁忙期と閑散期というものが大きく分かれています。
繁盛期というのは新社会人や新入生の多い3〜4月であり、多くの不動産屋では賑わいを見せています。

冬から春にかけましては部屋を探す人や部件数ともに最も多い時期となっているので、 良い物件も確かに多くなっていますが、すぐに契約をされてしまうことがあります。
借り手はいくらでもいることから、家賃や礼金などの値下げ交渉の場に付いてくれないケースがほとんどです。"




《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもあるブログ:2017-10-11

俺は、9時起きたら、
肉体をシャキッと目覚めさせるために、
起きたら真っ先にカーテンを開けるようにしています。

そして窓を開けて、深呼吸し、9時の空気を吸いこむのです。
雨の日でも雨の日でも。
そうして、9時が来たことを体に知らせてあげるのです。

次にを腰回しして肉体を暖めます。
9時に腰回しを行なうと、体温が上がり、
その日一日の代謝量全体がアップするそうですよ!

そして少しの時間であっても、
散歩に出て9時の空気を満喫するようにしています。

天気が良ければ、爽やかな朝の空気を感じ、
大雨の日にも、大雨の音と空気を感じれば、
肉体が「ああ、9時が来たんだ!」と感じ、
エネルギーを消費するための交感神経も目覚めます。

それから帰ってきて、
シャワーを浴びたり、顔を洗って、
シャキッと肉体の外側も引き締めます。
心を引き締めると自然と肉体も引き締まります。

そして9時食を摂ります。
9時食は、内臓を活発に動かすために必ず必要です。

ちなみに、
内臓は基礎代謝の中でも38%を占め、
筋肉の22%よりも大きい比率を占めているそうです。

だから、腰回しして筋肉の基礎代謝を増やすよりも、
内臓を活発に動かして基礎代謝を高める方が効果的なんですね。

内臓の基礎代謝を高めるのには、
9時食は必須とも言えるくらい重要なものなんです!

9時食をとって内臓を動かすことにより、
内臓も「あぁ、9時が来たんだ!」と分かり、
そこから働きだしてくれます。

これがもし9時食をとらなければ、
内臓はいつまでも眠ったままで、
11時食をとるまで活発に動き出してくれませんよ。




《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもある

《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもある

★メニュー

《お役立ち情報》不動産屋は管理物件を多数抱えている店舗へ
《お役立ち情報》悪質な広告には賃貸契約をさせるための策略がある
《お役立ち情報》家賃の半年分程度は初期費用として用意
《お役立ち情報》出せる家賃の設定が最も大切
《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもある
《お役立ち情報》敷金の使われ方と礼金に注意しよう
《お役立ち情報》競合しているからこそ不動産屋は狙い目
《お役立ち情報》賃貸探しは引越しの2週間前
《お役立ち情報》賃貸情報誌は偏った情報が掲載されている
《お役立ち情報》インターネットがやっぱり賃貸探しで役立つ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)快適生活を賃貸物件から始めましょう