《お役立ち情報》敷金の使われ方と礼金に注意しよう

《お役立ち情報》敷金の使われ方と礼金に注意しよう


《お役立ち情報》敷金の使われ方と礼金に注意しよう
"退去時の敷引きの取り扱いにつきましては、比較的トラブルになりやすい傾向があることから、国土交通省から「ガイドライン」が決められています。
敷金を巡ってのトラブルが多いことから、事前にこのガイドラインの情報は確認をしておくようにしましょう。

礼金というのは大家さんに部屋を貸してもらうための「お礼の意味」として渡すお金となっているので、解約後も返金はされません。
一般的に賃料の1〜3ヶ月分が礼金として支払うこととなりますが、今では礼金という習慣そのものを無くした物件も多くあります。

敷金というのは家賃の保証になるたことから、大家さんもしくは管理会社に一時的に預けておく保証金です。
退去時の現状復帰費用で使用されたり、また家賃の滞納があった場合にその補填分として敷金が使用されます。"




《お役立ち情報》敷金の使われ方と礼金に注意しようブログ:2017-10-17

健康的なシェイプアップを目指すなら、
規則正しい生活と、食べる事は適量で1日3食が基本です。

食べる事は、腹八分目にするのが、
シェイプアップの為にも、健康の為にも良いことは当然です。

実際、食べ過ぎは胃腸に負担をかけますから、
シェイプアップでも、健康面でも、控えるべきですよね。

しかし、これに当てはまらない場合があり、
それは食欲が低下している場合と、怒りのストレスを感じている時です。

この2つの状態の時は、
シェイプアップというよりも、
基本的な1日3食を見直した方が良いでしょう。

食欲が低下している場合や、怒りによるストレスがある時は、
食欲のコントロールが出来にくくなっており、
消化機能も衰えている為、食べ過ぎるリスクが高いからです。

しかも、その摂取した食べる事の栄養素の分解が、
自分の持っている消化・吸収機能を超えてしまうのです。

つまり食べる事の摂取と、栄養の消化・吸収機能のバランスが崩れ、
太りやすくなるだけではなく、場合によっては消化器のトラブルで、
身体を壊すこともあります。

このような時は、むしろ努めて少なめの食べる事を、
ゆっくりと摂るようにした方が良いでしょう。

食べる事ストレス解消なんてもってのほかですので、
思い切って食べる事をやめ、胃や腸の休息を取るようにした方が賢明です。

また、
自律神経のバランスが崩れている時も、
無理に1日3食摂ることをお勧めできません。

腹がすいていないのであれば、
いつも働いてくれている消化器を休ませるつもりで、
自分が空腹を感じてから、
少しずつ食べる事を摂るほうが良いのです。

1日3食きっちり摂ることができるのは、
すべての身体の機能が正常で、健康であるということが条件になります。

《お役立ち情報》敷金の使われ方と礼金に注意しよう

《お役立ち情報》敷金の使われ方と礼金に注意しよう

★メニュー

《お役立ち情報》不動産屋は管理物件を多数抱えている店舗へ
《お役立ち情報》悪質な広告には賃貸契約をさせるための策略がある
《お役立ち情報》家賃の半年分程度は初期費用として用意
《お役立ち情報》出せる家賃の設定が最も大切
《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもある
《お役立ち情報》敷金の使われ方と礼金に注意しよう
《お役立ち情報》競合しているからこそ不動産屋は狙い目
《お役立ち情報》賃貸探しは引越しの2週間前
《お役立ち情報》賃貸情報誌は偏った情報が掲載されている
《お役立ち情報》インターネットがやっぱり賃貸探しで役立つ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)快適生活を賃貸物件から始めましょう