《お役立ち情報》敷金の使われ方と礼金に注意しよう

"退去時の敷引きの取り扱いにつきましては、比較的トラブルになりやすい傾向があることから、国土交通省から「ガイドライン」が決められています。
敷金を巡ってのトラブルが多いことから、事前にこのガイドラインの情報は確認をしておくようにしましょう。

 

礼金というのは大家さんに部屋を貸してもらうための「お礼の意味」として渡すお金となっているので、解約後も返金はされません。
一般的に賃料の1〜3ヶ月分が礼金として支払うこととなりますが、今では礼金という習慣そのものを無くした物件も多くあります。

 

敷金というのは家賃の保証になるたことから、大家さんもしくは管理会社に一時的に預けておく保証金です。
退去時の現状復帰費用で使用されたり、また家賃の滞納があった場合にその補填分として敷金が使用されます。"



《お役立ち情報》敷金の使われ方と礼金に注意しようブログ:2017-11-12

現代社会では、体操不足の人が増えています。
都心部ではクモの巣のように交通手段が張りめぐらされていますから、
頼っている人も多いことでしょう。

体操不足の問題は、都会だけではありません。
ぼくの実家は山奥の田舎ですが、
田舎でも体操不足は問題として浮上しています。

交通手段が乏しい田舎だからこそ、
車が必需品になり、体操不足になってしまうのですね。

また、スピードが加速している時代ですから、
体操する時間そのものがないと嘆いている人もいるでしょう。

でも、大丈夫です!

「体操する時間がない」のなら、アイデアがあります。
体操する時間を別で設けるのではなく、
今の生活の中に体操を取り入れるのです。

シェイプアップのために、ジムに通うことになれば、
時間もお金もかかります。
もちろん、それがあるという人はそれでもいいのですが、
そもそも生活の中で体操するチャンスは、すでにたくさんあります。

例えば、以下のようなアイデアはいかがでしょうか。

ショッピングに行くときには車を使わず、自転車を使う。
駅までの往復に自転車を使わず、歩いて通う。
駅はひとつ手前で降りて、歩いて家まで帰る。
ひとつ上の階や下の階であれば、階段を使う。

ちょっとした工夫ですぐに実現できますね。
今の生活に取り入れるだけですから、今日からでもすぐに始められます。

「都会だから」「田舎だから」「時間がないから」「お金がないから」
すべて言い訳です。

「体操をするきっかけがない」という人に最も必要なのは、
「時間」ではなく「工夫」なのです。

ほんの少し工夫をすれば、
どんなに忙しい連日であっても、
体操する時間を作り出すことができるのです。

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)